faximoSilverメール連携仕様

アプリケーション連携について FAX送信要求 FAX送信 結果確認 データ管理(faximoSilver管理画面)
1.FAX送信要求
FAX送信の要求をメールで送信していただきます。
メールはRFCのメールフォーマットに準拠しています。
※RFC(Request for Comments)はIETF(Internet Engineering Task Force)による技術仕様の保存、公開形式です。
インタフェイス(SMTP)
件名 任意の文字列でご指定いただきます。
結果通知メール(3)の本文、データ管理(4)の送信履歴画面に表示されます。
FAX送信データには反映されません。
発信メールアドレス
(FROM)
設定画面で予め登録されたメールアドレスを指定いただきます。
契約者様の認証をメールアドレスの一致にて確認するため、不一致の場合はエラーとなります。
宛先(TO) “FAX番号”@cl1.faximo.jpでご指定いただくことで、メールアドレス内のFAX番号宛にFAXが送信されます。
※複数の宛先への送信の場合は最大50件まで指定可能です。
CC、BCC FAX送信時に使用いたしません。
宛先(TO)以外でFAX送信用のメールアドレスを指定いただいた場合は送信処理を行いません。
本文 テキスト形式のFAX送信データとして処理されます。
※件名が“===”から始まる件名の場合、本文がFAX送信データとして処理されません。
※1回のFAX送信時の合計枚数は最大50枚で超過した場合は送信エラーとなり送信できません。
添付ファイル 本文にて指定したデータの後にデータ化されます。
複数の添付ファイルを指定した場合は、ファイル名のコード昇順で結合されデータ化されます。
(Word、Excel、PDF、TIFF、JPEG、JPE、JFIF、Text)サービス仕様で詳細を確認
※1回のFAX送信時の合計枚数は最大50枚で超過した場合は送信エラーとなり送信できません。
メールヘッダー 特別な指定はFAX送信時にしません。
メールヘッダーはお客様システムにて自由に追加いただけます。
2.FAX送信
(1)のFAX送信要求のメールを受け、FAX送信の処理を行います。
FAX送信 詳細
FAX転送手順 T.30
FAX通信規格 G3(転送速度:14.4kbps)
FAX送信モード 高画質モード(ファインモード)
ヘッダー情報表示 なし
TSID表示 なし
通知電話番号 不特定
送信可能電話番号 国内の一般電話番号、海外の電話番号、050から始まる電話番号、着信課金番号
自動リトライ 指定回数の自動リトライを行います。
設定画面にて事前にリトライ0回から3回で設定いただきます。
3.結果確認
(1)で送信を行った結果をメールで受信します。
結果通知メールは、(1)の送信を行った発信メールアドレス“From”宛に送信されます。
メールの件名と本文にて正常終了かエラーかを判断いいただけます。
※結果確認のメールは、設定画面にてメール送信なしの設定も可能です。
※複数件のFAXを1回のメールで同報送信した場合は、送信先ごとに結果確認のメールが送信されます。
インタフェイス(POP)
メール件名 正常終了した場合、エラー終了した場合は下記のタイトルとなります。
正常時:【faximoSilver】FAXの送信が完了しました
エラー時:【faximoSilver】(重要)FAXが送信できませんでした
送信元(FROM) システムアドレス(fax_sys@cl1.faximo.jp)からの送信となります。
 宛先(TO) (1)のFAX送信要求メールの発信メールアドレス“From”に設定されるアドレス
CC、BCC 未設定
本文 送信結果について記載されます。本文メッセージと詳細情報として下記内容が含まれます。
本文に含まれる詳細情報
送信日時 YYYY/MM/DD hh:mm:ss形式の送信を行った時間
送信先FAX番号 送信先のFAX番号
(FAX送信要求(1)の宛先アドレスのアカウント部)
枚数 FAX送信要求(1)のFAX原稿の合計枚数
(本文+原稿もしくは原稿のみ)
件名 FAX送信要求(1)の件名
結果通知メールのサンプル
FAX送信正常終了時
【faximoSilver】FAXの送信が完了しました

0312345678宛のFAX送信が正常に完了しました。

送信日時:2010/01/01 10:50:40
送信先FAX番号:0323456789
枚数:10 枚
件名:FAX送信サンプル東京
※このEメールは受信確認専用アドレスから送信されています。
このメールに直接返信いただきましても回答いたしかねますので何卒ご了承ください。
ご不明な点があれば、オンラインマニュアルをご参照いただくか、エディックワークスサポートセンターまでお問い合わせください。

---------------------------------------------
エディックワークスサポートセンター
<お問い合わせ先>
Email:sv-support@faximo.jp
FAX送信エラー終了時
【faximoSilver】(重要)FAXが送信できませんでした

0451234567宛のFAXはエラーのため送信できませんでした。
内容をご確認ください。

送信エラーの原因は、送信先様が話し中である場合や、電話番号間違いなどが考えられます。
送信先様の番号をご確認の上、もう一度お試しください。

送信日時:2010/01/20 10:20:30
送信先FAX番号:0323456789
枚数:10 枚
件名:FAX送信サンプル横浜
※このEメールは受信確認専用アドレスから送信されています。
このメールに直接返信いただきましても回答いたしかねますので何卒ご了承ください。
ご不明な点があれば、オンラインマニュアルをご参照いただくか、エディックワークスサポートセンターまでお問い合わせください。
---------------------------------------------
エディックワークスサポートセンター
<お問い合わせ先>
Email:sv-support@faximo.jp
4.データ管理(faximoSilver管理画面)
【結果確認】
送信結果情報の一括確認はfaximoSilver管理画面(Webサイト)の送信履歴画面にて行います。
送信先へのFAX送信時に1レコードづつ履歴情報が作成され、送信結果は検索機能にて絞込みが可能です。


FAX管理 表示項目
送信日時 YYYY/MM/DD hh:mm:ss形式の送信を行った時間
明細番号 一意の管理番号
送信先 送信先のFAX番号
(FAX送信要求(1)の宛先アドレスのアカウント部)
枚数 FAX送信要求(1)のFAX送信データの合計枚数
件名 FAX送信要求(1)のメール件名
発信メールアドレス FAX送信要求(1)の発信メールアドレス(FROM)
送信状況 正常終了、送信エラー、超過枚数エラーなど送信状況が表示
ダウンロード FAX送信要求(1)の送信データのダウンロードリンク。
FAX送信データはリンクのクリックによりTiff形式でダウンロード可能。送信から264時間[11日間])


【結果出力:CSVデータダウンロード】
送信履歴画面は、CSV形式の履歴明細を送信日から60日間ダウンロードすることができます。
データのフォーマットは下記となり、データの形式は履歴表示と同様です。
CSVデータサンプル
送信日時,明細番号,送信先,枚数,件名,発信メールアドレス,発信状況
2010-01-21 00:00:00,0000000007001,0921234567,3,'FAX送信サンプル福岡',sample@edicworks.com,送信完了,
2010-01-20 23:59:59,0000000006001,0221234567,1,'FAX送信サンプル仙台',sample@edicworks.com,送信完了,
2010-01-20 10:20:30,0000000005001,0451234567,-,'FAX送信サンプル横浜',sample@edicworks.com,送信エラー,
2010-01-15 15:30:45,0000000004001,0112345678,10,'FAX送信サンプル北海道',sample@edicworks.com,送信完了,
2010-01-10 01:00:10,0000000003001,0781234567,1,'FAX送信サンプル神戸',sample@edicworks.com,送信完了,
2010-01-05 00:10:20,0000000002001,0612345678,10,'FAX送信サンプル大阪',sample@edicworks.com,送信完了,
2010-01-01 10:50:40,0000000001001,0312345678,10,'FAX送信サンプル東京',sample@edicworks.com,送信完了,

無料トライアルのご案内

faximoSilverでは、すべての機能を無料で評価検証していただけるトライアルを実施しております。
Web-API(SOAP)連携やメール連携など、システム開発用途でのご利用も可能です。
サービス導入の判断材料にぜひご利用ください。

※文中の商標、製品名及び会社名については各社の商標または登録商標です。

Copyright 2008-2017 EDICWORKS Inc. All Rights Reserved.